リフィル処方箋

2022年4月1日よりリフィル処方箋が導入されます。

リフィル処方箋とは、一定の定められた期間内に反復使用できる処方箋のことです。

つまり、一定の期間内であれば医師の診察なしで薬局で薬の処方を受けられることとなります。

以下、公表されている留意事項です。

  • 症状が安定していることが条件です。
  • リフィル処方箋の総使用回数の上限は3回です。
  • 投薬量に限度が定められている医薬品(眠剤、安定剤、新薬など)及び湿布薬についてはリフィル処方箋による投薬はできません。
  • 発行から4日間が1回目の調剤の有効期間となります。2回目以降の調剤については、前回の調剤日を起点とし、投薬期間を経過する日(次回調剤予定日)の前後7日以内とします。
  • 継続的な薬学的管理指導のため、同一の保険薬局で調剤を受ける必要があります。

以上を踏まえて、当院ではリフィル処方箋の発行を行います。

ただし、合併症が起こる確率が低いと考えられる以下の条件に当てはまる方のみとします。

  • 初診でない方
  • 高血圧症、脂質異常症、糖尿病、アレルギー性鼻炎などの慢性疾患の方
  • 薬の数が2種類までの方
  • 60歳以下の方

また、以下のことをご理解ください。

  • 30日 ×3回=90日分の処方箋となります。
  • 定期的に血液検査を行います。
  • 当院での1回あたりの診察料金が高くなる場合があります。
  • 病状悪化時は受診するようにしてください。
  • 薬の副作用は初期の段階では無症状のことがあります。
  • 受診回数が減ることにより他の病気の初期症状を見逃してしまう可能性があります。
  • 薬局とは薬剤名のみを共有します。病名や病状は通知しておりません。
  • 当院は主に院内処方を行っているため、門前薬局がありません。

リフィル処方箋をご希望の方は受付時にご相談ください。